« ジンファンデルとValley of the Moon | トップページ | 9月の那須2 »

2005年9月 2日 (金)

サンフランシスコでワイン

ソノマのお話の最後はサンフランシスコの夜です。仕事でアメリカに来ていましたが、やはり楽しみは夜の食事ですよね。今回はサンフラン->ミネアポリス->アトランタ->サンフラン、と結構アメリカを飛び回りました。

サンフランシスコに行く前にアトランタを少し。お客さん含めて10名程度でランチに行ったお店です。「CANOE」です。http://www.canoeatl.com/canoe_content.htm Atlanta1

夏のアトランタは暑くて湿度も高く、「東京よりつらい」場所ですね。でこのお店、川のふちにあり、景色はばつぐんです。近くにBuckheadという、アトランタのお金持ちが住んでいる地域があり、たとえばコカコーラの創業者やゴルフで有名なボビー・ジョーンズの住んでいた家などがあります。そういう地域なので舌の肥えたお客さんが多いのでしょう。食事もとっても美味でしたし、ワインリストも充実していました。

サンフランシスコで最高のワインを楽しみたいなら「Rubicon」ですね。映画監督のフランシスコッポラと俳優のロバート・デ・ニーロがオーナーのお店なのです。ちなみにコッポラはナパにワイナリーも所有しています。マスター・ソムリエのラリー・ストーン氏はアメリカでも5指に入るすばらしい方で、彼にワインをセレクションしてもらいたく通う人は多いのですが、もちろん私もその一人です。http://www.sfrubicon.com/index.html

Rubicon1 ワインの充実度はもちろんのこと、料理も美味なのですが、特に日本人には向いていると思うのです。というのは、アメリカの料理ってだいたい我々にはちょっとボリュームが多いのですよね。でもここは全体的に「適切(私には)」な量なのです。味付けも繊細でワインを意識している。時には「Kumamoto」という名前の牡蠣があったり、日本酒のプロモーションのディナーがあったりします。Rubicon2

写真は我々とラリー・ストーン氏(中央)です。アメリカを代表するソムリエなのに、そこはアメリカ人でとっても気さくです。私は余裕があれば日本の吟醸酒を選んでおみやげに持って行くのですが、以前渡したときには彼のサービスでデザートを4種類も出してくれました。

今回彼が選んだワインは「Radio-Coteau」http://www.radiocoteau.com/です。このピノは複雑味があり、その日の魚料理にぴったりでした。でもこのワイン、小売はしていなくてとっても入手困難だそうです。HPに卸しているレストラン一覧があるので、そこに飲みに行くしか今のところ手はないかもしれません。

今回はソノマの話をいくつかシリーズで書きましたが、実際に行ったのはたったの1日半でした。書いていませんが、そのうちゴルフもしているのです。サンフランシスコからレンタカーを借り、1時間でソノマの町に着きます。ちょっとでも時間が見つかるとワイン好きの方も、そうでない方も楽しめるソノマにぜひ行ってみてください。

|

« ジンファンデルとValley of the Moon | トップページ | 9月の那須2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

ワインがご専門なんですね。
私も甘口白ワイン(モーゼル)なんかが好きです。
NYに住んでいて去年帰国した友人が、「日本酒が結構流行っているよ。でも300ミリで$20くらいかな。」なんていっていましたけど、どうなんでしょうね。

投稿: tokyosake | 2005年9月14日 (水) 14:32

ワインはもちろんですが、お酒全般が専門です(笑)。実はただの呑み助。日本酒大好きで、利酒師もとっちゃいました。東京のお酒もよく飲みますよ!

投稿: ブーレ | 2005年9月15日 (木) 08:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンフランシスコでワイン:

» ボビー・ジョーンズ [みんなのゴルファー人名辞典]
ボビー・ジョーンズボビー・ジョーンズ(Bobby Jones, 本名 ロバート・タイアー・ジョーンズ・ジュニア, Robert Tyre Jones, Jr., 1902年3月17日 - 1971年12月18日)は、 アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ (ジョージア州)|アトランタ市生まれのゴルフ...... [続きを読む]

受信: 2005年10月 9日 (日) 18:50

« ジンファンデルとValley of the Moon | トップページ | 9月の那須2 »